大阪大学 経営企画オフィス URA部門

大阪大学で、URAが副学長になりました。

大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室の統括マネージャーを務め、同室URAチームのリーダーである池田雅夫が、今年8月26日に本学の副学長に就任しました。自身にとっても突然のサプライズだったという今回の人事。URAが副学長になるのはあまり聞かない話なので、この機会に今後の抱負を熱く語ってもらおうと池田にインタビューを試みましたが、記事化しづらい話が多かったため、シンプルなコメントのご紹介に留めます。力不足をお詫びしますが、やはりURAは、自分が主役ではなく、必要なときに、必要な業務を行う脇役(しかし、無くてはならない)の存在ということで、ご容赦いただけると幸いです...


池田雅夫によるコメント
今回の私の登用は、文部科学省のリサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備」(リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)事業の実施機関として大阪大学が採択されたことを受け、2012年7月に本学にURAチームが発足して以来の活動を、総長が認めて下さり、URAをもっと機動的に活用したいとお考えになった表れだと受け止めています。今後も、するべきこと、できること、したいことの重なったところで自分の役割を全うしていくという今まで通りのモットーを変えずに、URAとして、また副学長として、業務に励んで参ります。
また、我が国におけるURAの定着のために、システムの設計と人材育成に微力を尽くしたいと考えています。皆様のご理解と温かいご支援をいただければ、幸いです。よろしくお願い申し上げます。


member_ikeda.jpg[略歴]
大阪大学 工学研究科 修士課程 修了、工学博士。1973年神戸大学工学部助手。1990年同教授を経て、1995年大阪大学に異動。工学研究科機械工学専攻教授、附属フロンティア研究センター長、副研究科長、大阪大学評議員等を経て、2010年大型教育研究プロジェクト支援室統括マネージャー・特任教授。2013年8月より副学長兼務。計測自動制御学会フェロー・名誉会員、IEEE Life Fellow、日本機械学会フェロー。2005年計測自動制御学会会長。





大阪大学URAメールマガジンvo.1掲載記事)

2017年3月26日(日) 更新(担当:川人 )