大阪大学 経営企画オフィス URA部門

大阪大学経営企画オフィスに新しいメンバー(新澤裕子リサーチ・アドミニストレーター)が着任しました!

大阪大学URAメールマガジンvo.37掲載記事)


新澤 裕子(しんざわ ゆうこ)/リサーチ・アドミニストレーター、特任助教

慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程修了、博士(医学)

博士課程ではマラリア原虫の形態変化に関する研究に従事。修了後、医学系出版社において学術誌の編集に携わる。大阪大学研究推進・産学連携部 特任事務職員を経て、2016年10月に大阪大学経営企画オフィス着任。業種は様々ですが、一貫してアカデミアを支えることを志望してまいりました。事務職員としての勤務経験を活かし、事務組織との協働促進による大阪大学の研究力強化に貢献したいと考えています。







【ひとことメッセージ】

10月1日に経営企画オフィスに着任しました新澤です。先月まで、本学の研究推進・産学連携部におりましたので、物理的には「ちょこっとお引越し」してきた感覚ですが、心理的には新入社員、これからバリバリ学ばなければと意を新たにしております。
URAとして勤務を開始するにあたり、遡ること×年前、医学系出版社の新人編集者だったときに「専門書出版における編集者は、著者にも読者にも知識でかなわない。知識のV字の谷にいることを肝に銘じるように」との教えをいただいたことを思い出しました。「まぁまぁ、言われてみればそうだよね」ではなく、なぜ肝に銘じなければならないのか。改めて考えてみて、この教えを完全には理解しきれていないことに気づきましたが、URAもまた、編集者という立場に似ているような気がしています。
執筆者の先生方に「その道(編集)のプロ」として仕事を任せていただいたように、本学の研究者・執行部・事務機構の方々に「その道(リサーチ・アドミニストレーション)のプロ」として頼りにしていただけるよう、研鑚を積んでいく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

2017年3月28日(火) 更新(担当:新澤 )