大阪大学経営企画オフィスに至る経緯

2009年7月
2009年度補正予算による文部科学省の「教育研究高度化のための支援体制整備事業」に採択され、 研究担当理事・副学長の直轄部署として「大型教育研究プロジェクト支援室」を設置。
2010年4月
大阪大学の自己資金で大型教育研究プロジェクト支援室の運営を行うようになるとともに、事務組織として研究推進部大型教育研究プロジェクト支援事務室が発足。
2012年6月
文部科学省「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」 (リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)事業の採択を受けて、 大型教育研究プロジェクト支援室内にURAチームを設置。
2013年8月
文部科学省「研究大学強化促進事業」の事業実施機関に採択(支援期間2013年8月〜2023年3月)され、この事業経費によりURA6名を順次採用し、本支援室に配置。
2015年4月
文部科学省「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステム整備」(リサーチ・アドミニストレーションシステムの整備)事業の2年間の継続実施が認められ、同経費で雇用していた8名のURAを、2名の同経費雇用と5名を自主経費雇用、1名は他所属との兼務とした。
2016年4月
2016年4月、経営企画・IR・研究推進・分析評価等 の URA 業務に携わる人員を集積し大阪大学経営オフィスを新設。(平成28年3月31日をもって大型教育研究プロジェクト支援室を廃止)
現在、下記のメンバーを配置し活動中。

URA 紹介

池田 雅夫(いけだ まさお)
シニア・リサーチ・マネージャー、特任教授

大阪大学 工学研究科 修士課程 修了、工学博士

1973年より神戸大学、1995年より大阪大学に勤務。工学研究科機械工学専攻教授、同副研究科長、大阪大学評議員等を経て、2010年大型教育研究プロジェクト支援室統括マネージャー・特任教授。2013年8月〜2015年8月副学長(URA担当)。計測自動制御学会、IEEE、日本機械学会、IFACのフェロー。2005年計測自動制御学会会長。教育研究、管理運営の経験をURA業務に活かしています。

高尾 正敏(たかお まさとし)
特任教授、シニア・リサーチ・マネージャー(兼任)

大阪大学 基礎工学研究科 博士課程 修了、工学博士

専門分野は固体物理。現パナソニックにて、メモリー材料開発、研究管理・事業企画・産学連携・国家プロジェクト起案等に従事。2009年4月大阪大学特任教授、教育・研究プロジェクト担当。JST事業PD&PO他、文科省関連委員等も担当。2012年7月より大型教育研究プロジェクト支援室シニアURA。2015年4月より未来戦略機構 次世代研究型総合大学研究室 特任教授。20年以上、ほぼ一貫して研究開発関連のマネージメント、企画管理・評価・危機管理業務に従事しています。

宮田 知幸(みやた ともゆき)
シニア・リサーチ・マネージャー、特任教授

大阪大学 基礎工学研究科 修士課程 修了、工学修士

1974年大阪ガス(株)研究員・ガス物性を研究。1998年(株)テクノグリーン取締役・環境技術事業および自然公園運営等。2002年(財)大阪科学技術センター部長・燃料電池、水素貯蔵材料の研究管理。2005年大阪大学特任教授・産学連携等。2012年7月に大型教育研究プロジェクト支援室着任。専門は化学工学のプロセス開発。URAの役目は研究において人、情報、資金、業務等のプロセスを円滑&最適にすることと考えます。

菊田 隆(きくた たかし)
シニア・リサーチ・マネージャー、学術政策研究員

筑波大学 環境科学研究科 修士課程 修了、学術修士

流通系シンクタンクを経て1988年科学技術に特化した公益シンクタンクに入所。官公庁からの委託業務を担当。主として科学技術政策や研究開発システムに関する調査研究に従事。文部科学省のデルファイ調査では、第6回から第9回まで実査の責任者。2005年専門社会調査士。2012年10月に大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室着任。調査・分析、提言活動の経験を生かして、大阪大学のプレゼンス向上に貢献したいと思います。

高野 誠(たかの まこと)
シニア・リサーチ・マネージャー、特任教授

神戸大学 工学研究科 修士課程 修了、博士(工学)

1986年日本電信電話株式会社(NTT)入社。同社研究所、研究企画部門等で電気通信システム及びその管理システムの研究・開発、各種情報システムの開発プロジェクトマネジメント、組織マネジメント等に従事。研究企画部門では研究成果の事業化企画を統括。2015年4月より現職。主にプレアワード業務や経営企画支援等に従事。企業での大規模プロジェクトマネジメント、組織マネジメントの経験をいかし、大阪大学の研究力強化に貢献したいと思います。

岩崎 琢哉(いわさき たくや)
リサーチ・マネージャー、学術政策研究員

北海道教育大学 教育学部 卒業

1990年より株式会社進学会の学習支援ソフトウェア開発部門にて製品企画・開発・品質管理に従事。2000年より広告企画会社に勤務、2001年に独立。大学広報に関する事業を起業し経営。2010年大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室研究広報企画コーディネーターに着任。2012年10月より同室URA。企画・経営の経験をURA業務に活かしています。

平井 啓(ひらい けい)
准教授、リサーチ・マネージャー(兼任)

大阪大学 人間科学研究科 修士課程 修了、博士(人間科学)

1997年人間科学研究科 人間科学専攻 助手、2007年同助教、2011年大型教育研究プロジェクト支援室統括マネージャー補佐・講師。2012年よりURA。2011年よりコミュニケーションデザイン・センター兼任教員、2012年より未来戦略機構准教授兼任。2014年8月より同機構 次世代研究型総合大学研究室 准教授専任。博士課程教育リーディングプログラム「超域イノベーション博士課程プログラム」運営に構想段階から関わるなど、教育研究、企画、運営の経験を活かしてURAの業務に従事しています。

阪 彩香(さか あやか)/リサーチ・マネージャー、特任准教授

東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程修了、博士(生命科学)

博士号取得後、2004年より、文部科学省科学技術・学術政策研究所にて勤務。計量書誌学的アプローチを用いた日本や主要国の研究力モニタリング、ベンチマーキング手法の開発、世界においてホットな研究領域の抽出手法の開発等に従事。2016年11月に大阪大学経営企画オフィス着任。これまでの調査・分析および政策立案者との対話の経験を活かし、大阪大学の研究力強化に貢献したいと考えています。

望月 麻友美(もちづき まゆみ)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任講師

北海道大学 地球環境科学研究科 博士後期課程 修了、博士(地球環境科学)

日本学術振興会特別研究員であった博士後期課程中、米国でも研究経験を得る。2006年よりスイス連邦工科大学ローザンヌ校にて組織工学の研究に従事、EU第7次研究枠組み計画(FP7)プロジェクトのマネージャー、同校国際交流日本担当を兼任し、欧州におけるURA業務に携わる。2012年10月に大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室着任。日米欧での研究・マネジメント経験を活かし、研究者の視点を大切にしながらURA業務に努めます。

川人 よし恵(かわひと よしえ)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任研究員

京都大学 文学部 哲学科美学美術史学専修 卒業

民間コンサルティング会社で、土木行政の広報、都市計画、生活者調査等に携わりながら、10年以上に渡り伴走型コンサルテーションの経験を積む。2010年4月より、大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員として、社学連携事業の企画・実施を担当。2012年9月に大型教育研究プロジェクト支援室着任。これまでの経験と学内外の人脈を活かし、大学と社会のより良い関係づくりに貢献したいと考えています。

福島 杏子(ふくしま きょうこ)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任研究員

関西学院大学 文学部 教育学科教育心理学専修 卒業

(独)科学技術振興機構社会技術研究開発センターにて研究開発プログラムの設立・公募・プログラムマネジメント等の業務を経て、2012年10月に大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室着任。これまでの経験から、大学の構成員である研究者・事務系職員・研究支援者等が科学技術政策や研究と社会との関係について議論をする<場>を企画・構築し、研究支援の仕組みづくりを心掛けていきます。

大屋 知子(おおや ともこ)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任講師

大阪大学 理学研究科 生物科学専攻 博士後期課程修了、博士(理学)

日本学術振興会特別研究員、大阪大学微生物病研究所研究員等として、DNA複製・組換えに関する研究に従事。その後、大阪大学産学連携推進本部、国立循環器病研究センターにて、ライフサイエンス分野における産学連携推進およびトランスレーショナルリサーチを実施する体制整備に携わる。専門分野は分子生物学。大阪大学の特色を活かした研究活動等を支援し、研究力強化に貢献したい。

伊藤 京子(いとう きょうこ)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任講師

京都大学 大学院エネルギー科学研究科 博士後期課程 修了、博士(エネルギー科学)

2004年大阪大学大学院基礎工学研究科助手、2005年大阪大学コミュニケーションデザイン・センター助手(基礎工学研究科からの派遣教員)等を経て、2014年2月に大型教育研究プロジェクト支援室着任。ヒューマンインタフェースの研究・開発に携わってきました。大阪大学における研究推進支援のために何ができるか、何をやるべきかを考え、モチベーションの向上につながる方法を検討したいと思っています。

Kristian Bering(クリスチャン・ベーリン)
チーフ・リサーチ・アドミニストレーター、特任研究員

コペンハーゲン大学 文学部 東亜研究所日本学専修 修士課程終了、修士(文学)

SOASロンドン大学、京都大学、同志社大学での留学を経て、江戸時代の出版文化史、特に曲亭馬琴を中心に草双紙・江戸の稗史もの読本の発展史に関する研究活動に従事。2009年10月より畑を変え、大阪大学産学連携本部のコーディネーターを務め、主に国際産学連携を推進する業務を担当。2013年11月に大型教育研究プロジェクト支援室着任。国際共同研究、分野融合、人文・社会科学系の研究に対する支援を行っている。

姚 馨(ヤウ シン)
リサーチ・アドミニストレーター、特任助教

お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 博士課程修了、博士(人文科学)

博士課程在学中は他言語話者に対する英語教授法の研究に従事する。瀋陽工業大学教員、コロンビア大学ティーチャーズカレッジ日 本校マネージャー等を経て、2013年12月より現職。海外研究や教育マネジメントの経験を活かし、外国人研究者や女性研究者に対する研究環境の整備に重点を置きながら、アカデミック・ライティング及びグラント・ライティング支援等を通じて、大阪大学の研究発信力向上に貢献したいと考えています。

新澤 裕子(しんざわ ゆうこ)/リサーチ・アドミニストレーター、特任助教

慶應義塾大学大学院 医学研究科 博士課程修了、博士(医学)

博士課程ではマラリア原虫の形態変化に関する研究に従事。修了後、医学系出版社において学術誌の編集に携わる。大阪大学研究推進・産学連携部 特任事務職員を経て、2016年10月に大阪大学経営企画オフィス着任。業種は様々ですが、一貫してアカデミアを支えることを志望してまいりました。事務職員としての勤務経験を活かし、事務組織との協働促進による大阪大学の研究力強化に貢献したいと考えています。

このページに関する問い合わせ先: URA 宮田  問い合わせ先一覧

最終更新日: