大阪大学 経営企画オフィス URA部門

外部資金獲得(URAによる研究者支援)

Grant Support

URAによる研究者支援
外部資金獲得
Grant Writing and Mock Interview Support

 研究力を高めるためには研究等に関わる外部資金を獲得すること、国内外の研究者とネットワークを構築することが重要になります。経営企画オフィスURAプロジェクトでは、上記に関する支援として、主に学内説明会、申請書作成支援、模擬面接・模擬ヒアリングを行っています。
 経営企画オフィスURAプロジェクトが、研究推進・産学連携部等と連携して定常的に行っている支援及び、研究者個人及び組織(機関)の皆様からの相談に応じて行ってきた支援に関する情報を「外部資金の獲得支援一覧」にまとめました。
※年度により支援内容が変更されることがあります。

 今後申請を検討されている皆様からのご相談も広く受け付けております。☞連絡先
また、申請書作成支援の高度化に向けて「URAディベロップメント」としてセミナーやワークショップを開催しています。

学内説明会
研究推進・産学連携部等と連携して、または経営企画オフィスが企画して、各種説明会を開催しています。URAが講師を務める場合もあります。

申請書作成支援
1つの申請書に対し2名以上のURAが担当し、「審査員側の視点で」読み込んで、メールにてアドバイスを行います。URAそれぞれの専門分野以外の申請書作成支援が可能な体制を取っているのが特徴であり、また、英語・中国語を使用する相談にも対応しています。

模擬面接・模擬ヒアリング
面接・ヒアリング候補者の研究分野に近い学内の研究者2名が模擬審査員を担当し、本番に近い状態で模擬的な面接・ヒアリングを実施します。URAは模擬審査員の選定から当日のセッティングまで行います。また、URA自身が模擬審査員として加わる場合もあります。

*「申請書作成支援」等について、詳しくはこちら☞

研究者の申請に対する支援<平成28年度>

国内の競争的資金等獲得に対する支援
①科学研究費助成事業
②JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)RISTEX
③JST戦略的創造研究推進事業
④AMED革新的先端研究開発支援事業
⑤日本学術振興会 特別研究員
⑥日本学術振興会 育志賞 ※顕彰事業
⑦JSPS「課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業」
海外の競争的資金等獲得に対する支援
プログラム名等 概要等
海外研究助成金への対応について
URAメルマガ
手続き等に関する情報(ログイン必要)
・目的:
 研究者・部局担当者に対し、海外研究助成金に関する円滑な
 情報提供を行うことで、海外からの外部資金獲得を支援する。
・担当:
 研究推進・産学連携部研究推進課学術研究推進係
・業務内容:
 (1)申請から研究費受給の過程における情報の提供
 (2)研究費管理システムの機関担当業務
 (3)学内手続に関する関係各所に対する連絡調整
※URAは上記業務の支援を行っています。

URAプロジェクトにご相談ください。

【ご連絡いただきたい事項】
 (1) 提案予定のプログラム名・研究領域名等
 (2) 代表者名(御所属・名前)
 (3) ご依頼の概要(申請書へのアドバイス、模擬面接の実施等)

これまでの支援実績例
プログラム名 支援内容
環境省 環境研究総合推進費 平成29年度公募説明会での情報収集。
JST大学発新産業創出プログラム(START)(平成28年度) 模擬ヒアリング
JSPS外国人招へい研究者(短期)(平成28年度) 申請書作成支援
AMED革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)(平成28年度) 模擬面接
JST戦略的創造研究推進事業 ALCA(平成28年度) 提案書作成支援(構想段階での相談対応)
日本学術振興会 特別研究員 「申請書作成マニュアル」、
「Application Manual」の作成
欧州連合Horizon2020 NCP(National Contact Point)による個別相談会
科学研究費助成事業 Application Manual (Osaka University Version)」の作成
JST研究成果展開事業 産学共創基礎基盤研究プログラム 模擬面接
JST研究成果展開事業 産学共創基礎基盤研究プログラム 模擬面接
人文・社会科学系研究者を対象とした競争的資金について 公募情報の提供
総務省戦略的情報通信研究開発推進事業 SCOPE 模擬ヒアリング
JST研究成果展開事業
戦略的イノベーション創出推進プログラム
申請書作成支援

組織(機関)の申請に対する支援<平成28年度>

URAプロジェクトにご相談ください。

【ご連絡いただきたい事項】
 (1) 提案予定のプログラム名・研究領域名等
 (2) 代表者名(御所属・名前)
 (3) ご依頼の概要(申請書へのアドバイス、模擬面接の実施等)

これまでの支援実績例
プログラム名 支援内容
文部科学省 科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」(平成28年度) 申請書作成、ヒアリング資料作成、事業計画書作成、事業体制構築等の支援
JST 次世代人材育成事業「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」(平成28年度) 申請書作成支援
文部科学省 研究大学強化促進事業 (平成25年度) 申請書作成、ヒアリング資料作成等の支援
文部科学省 リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備 (平成24年度) 申請書作成、ヒアリング資料作成等の支援

本件連絡先

経営企画オフィスURAプロジェクト
Research Management and Administration Section, Office of Management and Planning

担当:大屋望月新澤