B11 研究者の倫理に関する意識の向上

B11_1610.jpg

 論文の剽窃チェックツールを導入し、本学の研究者の投稿前の論文をチェックすることによって、論文の質の保証とともに、自己剽窃の防止や共著・引用部分の正当性の確認など、論文不正防止の意識を高めることを目的にしています。
 また、遺伝子組換え実験の安全確保のためのWebシステムの導入なども行っています。さらに、本学開催の生命倫理分野の審査委員会において、URAが委員および事務局と密接に連携を図ることにより、業務の専門性の向上に貢献しています。

担当部署:

研究推進部研究推進課研究推進企画係 研究推進部研究推進課ライフサイエンス・安全保障係

取組実績

 本事業項目の取組実績は以下のとおりです。

(平成28年度) ※平成28年9月末日までの取り組み実績

 論文の剽窃チェックツールiThenticateを年度当初から導入し、本学の研究者の投稿前の論文をチェックすることにより、論文の質の保証とともに、自己剽窃の防止や共著・引用部分の正当性の確認など、論文不正防止の意識を高めました。
 また、本学開催の研究倫理審査委員会において、URAが陪席して、委員に対して審査内容に関する助言等を行いました。

(平成27年度)

 論文の剽窃チェックツールiThenticateを年度当初から導入し、本学の研究者の投稿前の論文をチェックすることにより、論文の質の保証とともに、自己剽窃の防止や共著・引用部分の正当性の確認など、論文不正防止の意識を高めました。
 また、本学開催の研究倫理審査委員会において、URAが陪席して、委員に対して審査内容に関する助言等を行いました。

(平成26年度)

 平成26年6月に、論文の剽窃チェックツールiThenticateを導入し、本学の研究者の投稿前の論文をチェックすることにより、論文の質の保証とともに、自己剽窃の防止や共著・引用部分の正当性の確認など、論文不正防止の意識を高めました。
 また、遺伝子組換え実験計画書等の申請・承認手続きのWebシステム全学対応のためにカスタマイズし、遺伝子組換え実験の安全確保のため、手続きの漏れを防ぐなど、リスク管理を徹底しました。さらに、本学開催の研究倫理審査委員会において、URAが陪席して、委員に対して審査内容に関する助言等を行いました。

(平成25年度)

 遺伝子組換え実験計画書等の申請・承認手続きの電子化フォーマットの作成を行い、遺伝子組換え実験の安全確保のため、手続きの漏れを防ぐなど、リスク管理を徹底しました。
 また、研究活動の状況分析や、本補助事業を含む研究力強化の取組の進捗状況、成果等の情報をウエブ上で積極的かつ迅速に発信して、社会からのフィードバックを受けることに よって、施策の改善に活かしました。