大阪大学 経営企画オフィス URA部門

第5回学術政策セミナー
「大学の研究力の測定と可視化」を開催します。

 大学の価値向上のためには、大学の研究・教育・社会貢献等の現状を把握し、適切な施策を講じ続ける必要があります。民間企業であれば、売上高や株式時価総額等ステークホルダーの動きを反映した客観的な指標がありますが、大学の場合は定まった指標が存在せず、各大学が独自の指標を用いたり、格付け会社が発表する大学ランキングを参考にしているのが現状と思われます。
 創立100周年(2031年)に世界屈指の研究型総合大学になることを目指している大阪大学では研究に関する指標は特に重要であり、市中に存在する指標を参考にしつつも、大学の経営に資する指標の導入を行う必要があります。

 このような背景から、本学術政策セミナーでは「大学の研究力の測定と可視化」と題して議論を行います。このために、大学の研究力に関する第一人者である自然科学研究機構の小泉先生をお招きし、大学の研究力を表す指標に関する最新の動向をお話し頂きます。加えて、学内有識者より、大学の研究力を把握するための指標に基づく国内の大学のポジショニングや大阪大学での研究力分析について講演を行います。
 その後、講演者と参加者との間で討論を行うことにより、参加者一人ひとりが大学の研究力について改めて考える場としたいと思います。
本セミナーは大阪大学の教職員を対象として企画しておりますが、他大学や官公庁の皆様にもご参加いただけます。
また、大阪大学職員研修としてもご参加いただけます。

・日 時:2016年11月25日(金) 14時00分-16時00分
・場 所:大阪大学 吹田キャンパス テクノアライアンス棟1F アライアンスホール
・対象:事務職員・技術職員・教員・研究者・URA業務に関心のある方
・言 語:日本語
・プログラム:
  ・講演1:小泉 周氏(自然科学研究機構 研究力強化推進本部 特任教授)
  ・講演2:阪 彩香氏(大阪大学 経営企画オフィス)
  ・講演3:菊田 隆氏(大阪大学 経営企画オフィス)
  ・総合討論

・申込み方法 事前の参加申込が必要です。
    ・大阪大学職員研修で参加の場合:部局等の事務担当にご確認ください
    ・上記以外の場合:ここからお申し込みください。
     定員になり次第、受付を終了します。
・主催:大阪大学経営企画オフィスURAプロジェクト
・共催:公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)
・問合せ先
    経営企画オフィスURAプロジェクト(担当:高野、福島)
    メール:seminar@lserp.osaka-u.ac.jp
H28_11_AP_flyer.jpg
2017年3月26日(日) 更新(担当:takano )