大阪大学 経営企画オフィス URA部門

本URAチームの高尾正敏シニアURAが総研大セミナーで講演しました。(2014年1月17日)

2014年1月16日-17日、自然科学機構 岡崎コンファレンスセンターで開催された総合研究大学院大学 物理科学研究科の 2013 年度 物理科学学生セミナーにおいて、本URAチームシニアURAの高尾が講演とパネルディスカッションに参加しました。



セミナーは全二日間。16日は、総研大の教員からの講演および参加学生によるポスターセッションがあり、翌17日は、外部ゲストによる「Ph.D.取得後のキャリアパス」と題した講演およびパネルディスカッションが行われました。



2日目の企画は、普段はなかなか接する機会のない、アカデミア以外の仕事を経験のある、またはあった方を招いて、その経験談からPh.D.取得後の多様なキャリアを学生自身が考えるという趣旨でした。3名の講師による講演後にはパネルディスカッションが実施されました。講演後、あるいはパネルディス化ションではセミナー参加の学生のほか、教員からも多くの質問が発せられました。



3名の講師の略歴は以下の通りです。


高尾正敏(大阪大学 特任教授) Ph.D.→企業→URA
1977 年大阪大学基礎工学研究科博士課程修了後、松下電器産業(株)へ入社し、メモリー材料開発、研究管理・事業企画・産学連携・国家プロジェクト起案等、研究開発マネージメントに従事。2008 年同社定年退職後、2009 年4 月より大阪大学特任教授、教育・研究プロジェクト担当。2012年7 月より大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室シニア・リサーチ・アドミニストレーター(URA)。


松本剛先生(名古屋大学 特任准教授) Ph.D.→企業→アカデミア
1995 年東京大学理学研究科化学専攻博士課程終了後、東レ株式会社に入社し、基礎研究所にて創薬研究に従事。1998 年同社退職後、名古屋大学理学研究科無機化学研究室助手/助教。2012 年9-11 月に米国ロチェスター大学で客員研究員。2013 年1 月より名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)特任准教授。2014 年1 月より同研究所・事務部門長を兼務。


倉田智子先生(基礎生物学研究所 特任助教) Ph.D.→ポスドク→広報
子供の頃から生き物好き。女子校だった中高では生物部 → 筑波大学生物学類 → 筑波大学生物科学研究科(修士)→ 総合研究大学院大学生命科学研究科分子生物機構論専攻(現在の基礎生物学専攻)にて博士修了。基礎生物学研究所にてポスドクを経て、2006 年より広報担当。

2017年3月26日(日) 更新(担当:高尾 )