大阪大学 経営企画オフィス URA×IR大阪大学 経営企画オフィス URA×IR

学内公募英語論文の校正支援・オープンアクセス支援(FY 2022前期)

Publication Support for English Research Papers (First Half of FY 2022) English Text

表示日本語版

表示英語版

 本学が平成25年8月に実施機関として採択された文部科学省「研究大学強化促進事業」の一環として、研究成果の国際的発信力を一層高め、本学の研究力の強化につなげるため、本学の研究者等が英語論文を国際ジャーナルに投稿する際に、昨年度に引き続き支援を行います。

英語論文の校正支援事業、英語論文のオープンアクセス支援事業それぞれにおいて、昨年度から変更を行っています。
また、これまで試行として実施した飛躍型及びハイインパクト型の趣旨を盛り込み、オープンアクセス支援事業として統合しました。詳しくは、募集要項をご確認願います。

    英語論文の校正支援
    英語論文のオープンアクセス支援

各プログラムの詳細及び募集要項はこちらをご参照ください。

募集要項をご確認の上、受付期間中に随時申請してください。


【問合せ】
研究推進部 研究推進課 研究プロジェクト推進係 
メール:kensui-kensui-project@office.osaka-u.ac.jp

◎ 本支援プログラムとは別に、学術英文校正業者のサービス概要や価格等について、校正業者28社の情報をまとめた資料を、研究推進課 研究プロジェクト推進係にて作成しております(2022年度版)。希望者はこちらからダウンロードしてください。

2022年7月21日(木) 更新
ページ担当者:URA 池田、桑田、高野

Publication Support for English Research Papers (First Half of FY 2022)

May 25, 2022
英語論文の校正支援・オープンアクセス支援(FY 2022前期)

Dear international researchers,

Continuing from last year, we are pleased to announce that the following support programs, which
aim to help researchers with scholarly publication, have opened calls for applications for the first half
of FY 2022. Note that the selection for April and May will be conducted in June.
The following changes from the previous fiscal year have been made in both the Journal Article
Publishing Support and the Open Access Publishing Support. For details, please refer to the
application guidelines.

1. Journal Article Publishing Support
In addition to the case where the first author is "a student currently studying at Osaka University
under the applicant’s direct guidance", an application is also acceptable for the case where the first
author is "a graduate of the University who studied under the applicant’s direct guidance (limited
to research results while in the University)".

2. Open Access Publishing Support
The "Breakthrough Stream" and "High Impact" supports, which were implemented on a trial basis,
have been incorporated and integrated into the Open Access Publishing Support.
The same change as 1. above is also applied. Further, the number (upper limit) of international
co-authored papers to be supported has been changed, and the amount of financial support will not
be capped if some conditions are met.

For full details please see the guidelines.