大阪大学 経営企画オフィス URA部門

大学のこれからを考える

Policy Seminar

RA協議会第6回年次大会
URA機能・産学連携機能のより良い接続のあり⽅と組織のかたちを再考する

2020年9月18日(金)【講演録公開】
URA機能・産学連携機能のより良い接続のあり⽅と組織のかたちを再考する
開催概要

リサーチ・アドミニストレーター協議会(RA協議会)の第6回年次大会(http://www.rman.jp/meetings2020/)において、大阪大学は、「災害時のURA活動ー大学の活動継続のためのURAの役割とは」と「URA機能・産学連携機能のより良い接続のあり方と組織のかたちを再考する」という2つのセッションを企画・運営しました。

このうち、「URA機能・産学連携機能のより良い接続のあり⽅と組織のかたちを再考する」についての概要および講演録(含む質疑応答集)を、本ページで公開いたします。

このセッションは100名以上の方が参加して下さり、URA機能・産学連携機能を担う組織のあり方がそれぞれに異なる3大学の担当者の方々および、企業のニーズを基に大学とのコーディネート業務に携わっておられる方からの話題提供を踏まえて、活発な議論が行われました。

■セッション開催日:2020年9月18日(金)
■場所:オンライン開催
■セッション担当者:
 大屋 知子(大阪大学 経営企画オフィス リサーチ・マネージャー)
 佐藤 祐一郎(同 チーフ・リサーチ・アドミニストレーター)
■講演者:
 山賀 博(大阪大学 共創機構 産学官連携オフィス オフィス長補佐)
 加藤 滋(名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 本部長補佐)
 岡崎 壮悟(信州大学 研究推進部 大型研究推進課 主査)
 益田 忍(株式会社キャンパスクリエイト 技術移転部 マネージャー)


講演録(含む質疑応答集)

こちらからPDFファイルでご覧いただけます。
なお、本講演録はRA協議会の協力を得て作成したものです。

2020年12月28日(月) 更新
ページ担当者:URA 佐藤