大阪大学 経営企画オフィス URA部門

AMED-CREST・PRIME 2020年度(令和2年度)研究開発提案支援について

Support for the Application of "AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME)" (FY2020) English Text

2020年4月23日(木)〜5月12日(火) 【学内向け/ Internal announcement】 , , ,

English text below

「AMED-CREST・PRIME 令和2年度公募」が AMED公募情報ページに掲載されました。

https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402A_00038.html

◎AMED募集等スケジュール
  提案書受付期間:2020年3月24日(火)~5月12日(火)正午
  研究開発課題の選定:5月中旬~7月中旬
  研究開始予定日:10月1日(木)

(JST CREST・さきがけ・ACT-Xでは、募集期間の延長が4/21に発表されましたが、AMEDは公募期間の延長はありませんので、ご注意ください。)

※提案申請にあたっては、機関の承認が必要です。締め切り日等については、所属部局事務ご担当にご確認ください。
    
経営企画オフィスURA部門では、以下の研究提案支援を行っています。(学内限定)  
 

(1)AMED革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST・PRIME)学内オンライン説明会(録画)

新型コロナウィルス感染症の影響により、学内説明会はオンライン(授業支援システム(CLE))にて、以下のとおり開催させていただきます。視聴にあたっては、事前の視聴希望登録が必要です(学内限定)。登録方法等については、学内通知にて別途ご案内いたします。
AMED-CREST・PRIMEについて多くの情報に触れていただける機会ですので、是非ご参加ください。

【講演者】
2020年度新規撮影(録画)分
審査経験者1名
2019年度学内説明会時撮影(録画)分
審査経験者1名・2018年度AMED-CREST採択者1名・2018年度PRIME採択者1名

【視聴可能期間】
2020年4月28日(火)※ 〜 5月12日(火) ※予定


(2)申請書に対するメール相談
申請予定者が申請書を作成するにあたって、不明な点等がある場合に、リサーチ・アドミニストレーター(URA)がメール相談を受け付け、アドバイスを行います(対応言語:日本語、英語)。

1. 対象者
2020年度(令和2年度) AMED革新的先端研究開発支援事業への申請を予定している方

2. 申込方法・期間等
【申請書に対するメール相談】フォーム からから申し込みを行ってください。
・メール相談に対する申し込みは下記期間(受付開始~最終締切)受付け、5営業日を目安として相談に対する返信を行います。
作成した申請書自体に対するコメントは、原則行いません。

申請区分受付開始締切
AMED革新的先端研究開発支援事業【既存・新規の研究開発領域】 3月27日(金) 5月7日(木)

3. 留意事項
申請手続き等、事務的な内容について質問や不明な点がある場合は、所属部局の事務担当に問い合わせをしてください。

4. 問い合わせ先
経営企画オフィスURA部門
ura_advice☆lserp.osaka-u.ac.jp(☆を@に変えて送信してください)
*緊急事態宣言を受けての本学の対応方針に基づき、経営企画オフィスURAは、5月6日まで原則として自宅勤務体制をとっております。ご連絡はメールにてお願いいたします。


参考:2020年度研究開発目標の決定について

3月9日に、文部科学省から、2020年度における日本医療研究開発機構の革新事業の研究開発目標(1件)の決定について、発表がありました。

https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/mext_00147.html

以下の●印の研究開発目標に基づき、AMED-CREST・PRIMEで、新規研究開発領域が設定され、上記AMED公募期間のとおり、新規の公募がされますので、こちらもご確認ください。

新規研究開発目標のより詳細については、上記URLのページの最下部に資料がございますので、ご確認ください。

<研究開発目標>(AMED向け)
●プロテオスタシスの理解と医療応用
(達成目標)
本研究開発目標では、細胞内外のあらゆる場所に存在するタンパク質の恒常性(プロテオスタシス)に着目し、変性・凝集・分解等の動態を細胞から個体レベルで解析することで、疾患発症機構を明らかにし革新的医療の創出を目指す。具体的には、以下の3つの達成を目指す。
(1)プロテオスタシスに分子レベルで関与するタンパク質周辺環境についての理解の向上
(2)プロテオスタシスの破綻に由来する疾患の発症機構の解明
(3)プロテオスタシスが破綻する機構を標的とした疾患治療薬やバイオマーカーのシーズ開発

2020年6月24日(水) 更新
ページ担当者:大屋、佐藤

Support for the Application of "AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME)" (FY2020)

April 23, 2020

AMED announced call for proposals for FY2020 Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME).

https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402B_00039.html

◎AMED Call and Screening Schedule
Solicitation period: Tuesday, March 24 –Tuesday, May 12 Noon (JST)
Screening period: Mid-May – Mid-July
Commencement of R&D Project (Tentative date):Thursday, October 1, 2020

(In light of the COVID-19 outbreak, the application deadline and screening schedule have been extended for JST CREST, PRIME and ACT-X <1st Term> on April 21. However, AMED call and screening schedule has NOT been changed.)

*Please note that the consent of affiliated institute is required for the application. Please contact the administrative personnel in your department for the submission deadline.

Research Management and Administration (URA) Section, Office of Management and Planning is here to support you in applying for AMED-CREST and PRIME (Internal announcement).

(1) Online Information Session for AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME) (Recording) (in Japanese)

The recorded presentations are available in Japanese.

(2) AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME) General Enquiries

If you are planning to apply this year for the AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation (AMED-CREST, PRIME), please note that you can send any general enquiries about these programs to the Office of Management and Planning.

1. Process: Please send enquiries through this link.

2. Submission period:

Research Project Period
AMED existing and new research areas 27 March 2020 - 7 May 2020

3. Note:
・Enquiries are welcome in either English or Japanese.
・We will endeavor to reply to enquiries within 5 business days.
We are unable to provide feedback on details of your research, only general enquiries.
If you have any questions about the application process or administrative procedures relating to these programs, please contact the administrative personnel in your department.

4.Contact:
Research Management and Administration (URA) Section, Office of Management and Planning, Osaka University
ura_advice[at sign]lserp.osaka-u.ac.jp

*Staff in the Office of Management and Planning will mainly be working from home until 6 May in compliance with Osaka University's policy in response to the state of emergency resulting from the outbreak of COVID-19. Please send all correspondence by email during this time.


(Reference)Newly designated research and development objective (FY2020)
On March 9, MEXT announced that a research and development objective was designated for FY2020 AMED Advanced Research and Development Programs for Medical Innovation:

https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/mext_00147.html
(The overview of the research and development objective is available in English)

Under the following research and development objective (marked as ● below), new research areas for AMED-CREST and PRIME were specified and the call for research proposals are now open as described above. Please also refer to those new research areas.

<Research and Development Objective>(for AMED)
●Understanding and medical application of proteostasis
(Targets)
Focusing on the homeostasis of proteins inside and outside the cell (proteostasis), this research and development objective aims to clarify the mechanism of disease onset and create innovative medical technologies by analyzing the dynamics of degeneration, aggregation, decomposition, etc. from the cell to the individual level. In particular, the following three targets are to be achieved.
(1) Improved understanding of the environment surrounding proteins involved in proteostasis at the molecular level
(2) Elucidation of the mechanism of disease onset resulting from the disruption of proteostasis
(3) Development of seeds for therapeutic drugs and biomarkers targeting the mechanisms by which proteostasis disrupts