大阪大学 経営企画オフィス URA部門

公開シンポジウム「オープンイノベーションにおける 人文学・社会科学系研究の役割とインパクト〜デンマークから見た日本と欧州間のCo-Creationを考える〜 /Envisioning the Role and Impact of the Humanities and Social Sciences in Open Innovation: Co-Creation between Japan and the EU via Denmark」

FlyerJP_SSH and Co-creation Symposium.jpg FyerEN_SSH and Co-creation Symposium.jpg
チラシ日本語版Flyer English ver.)

日時
2018年 11月9日 13:00〜17:00(12:30開場・受付開始)

会場
大阪大学 豊中キャンパス 全学教育推進機構 実験棟 サイエンス・コモンズ サイエンススタジオA
大阪大学豊中キャンパスへのアクセスはこちら

趣旨
 近年、国内外の大学が産官学連携、市民、第3セクター等と積極的に持続的な共創 (co-creation)の基盤を構築するニーズが益々強くなっています。同時に、共創による社会的インパクトを生み出すオープンイノベーションを実現するために、人文学と社会科学系研究(SSH)をよりよく活用する様々なアプローチを模索する取り組みやプロジェクトが増えています。こうした取り組みの実験的試行錯誤により、持続的で責任ある社会の変革のみならず、SSHの新しい役割が期待されます。さらには、これらの活動によって、人類にとってより明るい未来を切り開く道のナビゲーションが可能となることも期待され、それらの期待に応じたアクションが必要です。
 このような背景から、SSHとSTS (社会科学技術論)、政策立案、大学のガバナンスと共創の取り組みに関わる研究と大学経営の実務において豊富な知識と経験を持つデンマークの有識者2名を大阪大学へお招きして、欧州とデンマークにおけるSSH研究を活かすco-creationとco-designを促進する現状の取り組みについてご講演頂きます。また、大阪大学からは社会ソリューションイニシアティブ及びUNESCO Chairによる健康推進のソーシャルデザインをご紹介頂き、人文・社会科学系研究に焦点を当てる日本と欧州間のco-creationに関わる課題と可能性について活発な議論を行う場を設けました。

参加費
無料

定員・対象
オープンイノベーションに関心のある学内外の方 60名(席に余裕がある場合、当日参加も受け付けます)

言語
英語 (日本語要約あり※)

参加申し込み
http://osku.jp/z0537 (参加登録申し込みの締め切りを11月9日(金)10時に延長しました)

主催
大阪大学 経営企画オフィス URA部門

お問い合わせ
メール: bering@lserp.osaka-u.ac.jp、電話: 06-6879-4345

PROGRAM
13:00: Welcome and introductions
13:10: David Budtz Pedersen, Professor, Aalborg University (AAU)
"Report on AAU's Humanomics Research Center and the ACCOMPLISSH project with suggestions
for action pathways"
13:50: Q&A
14:00: Jan Andersen, Chief Executive Officer at DTU (Technical University of Denmark)
"The role of research managers and administrators in facilitating project generation with
societal stakeholders"
14:30: Q&A
14:40: Takuo Dome, Prof. Osaka University, Graduate School of Economics
"Introduction of OU's Social Solutions Initiative (SSI)"
14:50: Q&A
14:55: Hiroshi Yamanaka, Prof. Osaka University, Graduate School of Human Sciences
"Social Design for Health and the SDGs: OU's UNESCO chair in Global Health and
Education"
15:05: Q&A
15:10: Break
15:20: Panel Discussion and free discussion involving all participants
16:20: Wrap-up
16:25: Name-card exchange and socializing
17:00: End


2018年11月10日(土) 更新
ページ担当者:ベーリン