vol.41「大阪大学URAシステム整備の『これまで』と『これから』、第2弾」(2017年2月発行)

3月末の本学における文部科学省URAシステム整備事業終了を受け、先月号に引き続き、大阪大学URAシステムの検証・展望をしていきます。

今月のトピックは、大学経営支援と、外部資金獲得支援・研究の国際展開支援です。いずれも執筆担当者の見解も含む内容ですが、それも含めて発信することにより、URAについて皆さんと考えるきっかけにしたいと思います。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.40「大阪大学URAシステム整備の『これまで』と『これから』、第1弾」(2017年1月発行)

3月末の本学における文部科学省URAシステム整備事業終了を受け、今月号から5回に分けて、大阪大学URAシステム整備の検証・展望をしていきます。

その他、研究力評価指標や異分野交流に関する記事など、充実の内容をお届けします。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.39「人事交流制度を考える-大阪大学工学研究科におけるクロス・アポイントメントや出向の事例から」(2016年12月発行)

今月は、大阪大学工学研究科と経済産業省方面とのクロス・アポイントメントや出向の事例紹介記事と、
「経営を支えるマネジメント人材とは」と題し、私立大学・民間企業有識者を招いて開催した学術政策セミナーの講演録をお届けします。

今年もURAメルマガをご愛読いただきありがとうございました。
みなさま、良いお年をお迎えください!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.38「大学経営における URA の役割」(2016年11月発行)

「民間企業」、「国立大学」、「文部科学省及び大学」における経営やそれに関係する業務に造詣の深い講師をお招きして開催した
リサーチ・アドミニストレーター協議会 第2回年次大会セッション「大学経営における URA の役割」の講演録をお届けします。

先月に引き続き、今月新たに大阪大学に着任したURAの紹介記事もぜひご覧ください!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.37「海の向こうで阪大を伝える」特集(2016年10月発行)

「国際業務は時間がかかる」をかみしめる今日この頃。
(ちなみに、ほぼ2年前のメルマガ特集でもかみしめていたようです...)

今月号では、大阪大学の東アジアセンターと同グローバルイニシアティブセンターによる、海外で少しでも多くの方に大阪大学のことを知ってもらうための取り組み事例をそれぞれご紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.36「国際共同研究のための資金をひも解く/欧州編」(2016年9月発行)

今月は、欧州との国際共同研究のための資金について、Horizon 2020を中心に多様な選択肢を概観します。

その他、【学内公募情報】や、全国の137機関からURA等500名以上が参加した、リサーチ・アドミニストレーター協議会第2回年次大会レポートなども合わせてご高覧ください!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.35「今年も来ました!科研費の季節」特集(2016年8月発行)

今年もちょっと早めに、科研費申請シーズン特集号をお届けします。

大きく変わりつつある科研費制度の動向や、大阪大学の科研費申請支援制度(日/英)、科研費論文でも推奨されているオープンアクセス化関連トピックなどのご紹介です。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.34「Dean's Night 始めました」(2016年7月発行)

物理学者が文学部で、「超ひも理論」について講演する―そんな異分野交流会"Dean's Night"が今月開催されました。

主催者である大阪大学文学研究科長・金水敏教授によるこの交流会の開催レポート(裏話付き!)をお届けします。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.33「"これからを考える"は終わらない」特集(2016年6月発行)

昨年度大阪大学で開催した「学術政策セミナー」の講演録を2回分まとめてご紹介します。
「大学の経営人材とは?」「国立大学法人化で実現できていないこととは?」など、2回とも、大学改革や研究のあり方の"これから"について、学内外の多様な立場の方々からの話題提供を元に考える、興味深い内容です。ぜひご一読ください。

大阪大学経営企画オフィスURA部門のリサーチ・アドミニストレーター(URA)の公募情報もあります!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.32「お金のプロが挑む、官民ファンドによる研究成果の事業化支援」(2016年5月発行)

今月号は、研究成果を事業化するための投資のあり方について、文部科学省の国立大学に対する出資事業の先陣を切る大阪大学ベンチャーキャピタル(OUVC)にインタビューしました。
お金のプロが切り拓く新たなお金の流れの話、ぜひご一読ください!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.31「変わるもの・変わらないもの」(2016年4月発行)

今月は、大阪大学の本部URA部署の改組や、
JST CREST・さきがけ平成28年度研究提案支援などについてお知らせします。
「不易流行」を大事にしたいという思いを行間に込めました。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.30 "Voices from OU's International Partners"(2016年3月発行)

今月号は、大阪大学の海外のパートナーの方から、本学の取組みについての声をお寄せいただきました。
英文記事に和文での補足説明を添え、「国際化」を考える手掛かりとしてご紹介します。
かなり具体的かつ率直にお考えを書いてくださっていますので、ぜひご一読ください。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.29【おすすめイベント情報】(2016年2月発行)

今年から偶数月は、大阪大学URAがおすすめするイベント情報をお知らせします。

今月は、国立大学改革を考えるセミナーと、第2回人文・社会科学系研究推進フォーラムのご案内です。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.28「ASEAN方面で仕掛けてます」特集(2016年1月発行)

今年もご愛読よろしくお願いいたします。
新しい年、みなさんはいかがお過ごしですか?

昨年末にASEAN共同体が発足し、今後の経済動向などに高い注目が集まる同地域。
多くの日本の大学は、教育研究のパートナーとして熱いまなざしを向けています。

今月号は、そんなASEAN方面での阪大の動きを紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.27「国と大学の事業・経営サイクル―URAの体内時計―」(2015年12月発行)

もうじき2015年も終わりですね。

今年最後のメルマガは、
大阪大学の高尾正敏シニア・リサーチ・マネージャーによるURA Know How booklet、
「国と大学の事業・経営サイクル―URAの体内時計―」をお届けします。

今年もご愛読ありがとうございました。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.26「誰かと一緒だからできること」特集(2015年11月発行)

仕事の醍醐味の一つは、協働や役割分担によって自分ひとりでは到達できない地点まで行けること。
今回は、そんな話題の特集です。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.25「備えの秋。科学技術政策/英語論文執筆/人社系研究倫理」特集(2015年10月発行)

おかげさまで阪大URAメルマガは、今月号で創刊3年目に入りました。
ご愛読いただきありがとうございます。
今後もみなさまの"備え"に使っていただけるような媒体をめざしますので、
引き続きよろしくお願いいたします!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.24「永遠のホットイシュー?!スキルアップとキャリアパス」特集(2015年9月発行)

今月は、URAという新しい職種のスキルアップやキャリアパスについての話題等をお届けします。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.23「今年は1ヵ月早く。科研費の季節ですね」特集(2015年8月発行)

最近の科研費の動向や大阪大学の科研費申請支援制度(日/英)を紹介する、ちょっと早めの科研費申請シーズン特集号です。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.22「新しいリテラシーで変わる、学術研究や大学のあり方」特集(2015年7月発行)

今月は、大阪大学文学研究科「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築クラスター」の取り組みや、オープンアクセス、オープンサイエンスにおける動向についての話題などをお届けします。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.21「研究者への第一歩を踏み出す若手の支援を考える-日本学術振興会特別研究員(DC)申請支援の事例から」(2015年6月発行)

今月号は、大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室が取り組んでいる、日本学術振興会特別研究員(DC)申請に関する支援をご紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.20「阪大の国際ネットワーク構築の舞台裏をちら見せ」特集(2015年5月発行)

今月号は、大阪大学が組織として取り組む国際ネットワーク構築に関する話題の特集です。高尾URAによる新作エッセイも是非どうぞ!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.19「よく集い、よく始む」特集(2015年4月発行)

今月は、大阪大学理論科学研究拠点が3月に開催した研究会「方程式でつながる科学」や、大阪大学URA事業報告会、新しいURAの紹介などなど、 いろいろな人の"集まり"に関する記事の特集です。学内公募情報もあります。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.18「春にして"これからの研究"を想う」特集(2015年3月発行)

大阪も急に春めいてきました。新しいことをしたくなるから不思議です。今月は、研究や研究支援の"これから"に関する記事をお伝えします。巻頭記事は、学部生と教員が合宿形式で研究について2日間語り合った大阪大学生命機能研究科「春の学校」。仲野徹研究科長による軽快なレポート記事をお楽しみください。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.17「第1回人社系研究推進フォーラム〜人文・社会科学系研究推進に必要な共通基盤整備を考えよう」開催報告(2015年2月発行)

昨年12月、大阪大学・筑波大学・京都大学のURAの連携により開催した第1回人文・社会科学系研究推進フォーラム について、報告します。人文・社会科学系の研究者とURA、事務系職員等84名が組織の枠を超えて集まり、議論したこととは?

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.16「阪大総長になるずっと前。免疫学者・平野俊夫の選択」(2015年1月発行)

今月は、本学の平野俊夫総長に登場いただきました。
阪大総長になるずっと前、"医学部ヒラノ教授"よりも更に前のお話です。
免疫学者・平野俊夫の「キャリア形成」「研究活動マネジメント」とは?!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.15「あの人の、2014年重大ニュース!」特集(2014年12月発行)

今月は、大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室URAチームが日ごろお世話になっている方々にお寄せいただいた「2014年の重大ニュース」をご紹介します。
読者の皆様には、今年も大変お世話になりました。よいお年を!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.14「国際展開、それぞれの一歩」特集(2014年11月発行)

「国際業務は時間がかかる」をかみしめる今日この頃。大阪大学の本部や部局が長期的な展望の下、一歩一歩進めている国際関連の取り組みを紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.13「創刊1周年記念特大号/種をまく人」特集(2014年10月発行)

お陰さまで大阪大学URAメルマガは創刊1周年を迎えました。いつもご愛読ありがとうございます。

記念すべき号だからこそ、URAらしく、"少し先"を見据えた地道な取り組みを紹介します。量的には、読者の皆さまへの感謝を込めた特大で!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.12「科研費の季節ですね」特集(2014年9月発行)

今月は、最近の科研費の動向や大阪大学の科研費申請支援制度(日/英)、また、"科研費本"などを紹介する、科研費申請シーズンにちなんだ特集号です。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.11「知っておくとお得?最近の目玉施策解説」特集(2014年8月発行)

今月は、中央官庁から大阪大学に出向されている方・お二人に、最近の目玉施策についてわかりやすく解説いただきます。更なる分析や裏情報については、別の機会に...

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.10「"目利き"を考える」特集(2014年7月発行)

今回は、"目利き"についての特集号です。どうしたら"目利き"ができるようになるのか、その役割は何なのか等々、いくつかの事例から考えます。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.9「"デンマークの阪大"?!オーフス大学の極意に学ぶ」特集(2014年6月発行)

みなさんはデンマークのオーフス大学をご存知ですか?大学規模、創立年、国内での立ち位置など、大阪大学と類似点がとても多い大学です。
今号は、オーフス大学のResearch Support Office(RSO)のJohn Westensee氏とJakob Dragsdal Sørensen氏さんをお招きして5月に開催した3日間のセミナーのハイライトを特集します。特集テーマとしては地味...と思われるかもしれませんが、私たちは、このセミナーから受けた刺激をぜひお伝えしたいと考えています。みなさんの興味・関心との接点もきっとあると思いますので、どうぞお付き合いください。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.8「阪大の点と線」特集(2014年5月発行)

個々の人や場所・活動などをつなぐことで何かを生み出す―これは、URAに期待される役割の1つかもしれません。今月は、「つながり」をテーマにした特集号です。巻頭記事は、理学研究科の橋本幸士教授による研究文化百景<理論物理学編>『湯川秀樹の黒板の奇跡』!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.7「しくみにココロあり/アメリカ編」特集(2014年4月発行)

新年度、いかがお過ごしでしょうか。今回は、これまで本メルマガでほとんど紹介する機会のなかった、アメリカの研究活動関連の話題を特集します。最近何かと露出の多い、本学の中村征樹准教授も寄稿してくれました!

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.6「あの話の、その後。」特集(2014年3月発行)

今年度もあと数日で終わりですね。今回は、年度末にちなみ、過去にURAメルマガで紹介した話題の"その後"を、コツコツと追跡してみました。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.5「ほぼオールアバウト阪大URAチーム」特集(2014年2月発行)

大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室URAチームをみなさまにもっと知っていただくため、今回は思い切り自己PRさせてください。5人の新メンバー紹介もあります。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.4「若手育成の試み。その先に見えるもの」特集(2014年1月発行)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。今回は、新しい年の始まりにちなみ(早くも1か月経とうとしていますが)、明るい話題として、フレッシュな若手育成の試みをいくつか紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.3「文系研究で。若手職員で。研究の責任をめぐって。~"国際"な出来事」特集(2013年12月発行)

大学の流行語大賞というものがもしあったなら、今年も「国際化」「グローバル化」は上位に入ったことでしょう。(新語ではないので既に殿堂入りか??)今回は、大阪大学で最近生まれている国際化関連の動きの中からURAが選んだ注目事例を紹介します。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.2「異分野融合?!」特集(2013年11月発行)

最近ますます耳にすることが多くなった「異分野融合」というキーワード。言うは易し、行うは難し、やるならきちんとやるべし。ということで、大阪大学関係者による異分野融合の丁寧な取り組み事例をいくつか紹介します。読書の秋にちなんだ「大学本」の話題もあり、思いがけず特大号の様相です。。。

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

vol.1創刊号(2013年10月発行)

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス

大阪大学URAメールマガジンを創刊します。

この度、大阪大学URAチームでは、文部科学行政、大学の運営・管理、URA業務等に携わっておられる学内外の方々を対象に、大阪大学の研究推進やURA事業等の最新情報をお知らせするメールマガジンを発行することにいたしました。皆さまのお役に立てると幸いです。 (バックナンバー一覧はこちら。)

この号を読む

発行 / 発行人◎大阪大学経営企画オフィス